HOME>オススメ情報>若い世代が積極的に探しているのが現代の特徴
カフェ店員

かつてのイメージとは激減した今の捉え方

寮で住み込みで働くというと、かつては住む場所にも困った人が仕事先で世話をしてもらうというイメージでしたが、最近は合理的な考え方をする若者の間に住み込みができる求人を探す傾向が顕著となっています。東京にはさまざまな求人募集で住み込み可能としていることがあり、リゾート地で働く人を募集する求人が多くなりました。その結果、住む場所にかけるお金を極力抑え、好きなことをしながら働こうという考えが若者に多く見られるのが特徴です。リゾート地での住み込みでの仕事はスキー場やプライベートビーチのあるリゾートホテルなどが多く、休日は雇用先が持つゲレンデやビーチが使い放題ということもあって、好きなことをしながら働けるというメリットに魅力を感じる人が少なくありません。かつての住む場所にも困って住み込み可能な仕事先を探すのではなく、より魅力のある住み込み先を探すのが現代風となっています。

住まわせてもらうにはルールとマナーは必須

住み込みで働いてくれる人を求める求人が東京には多いとはいうものの、住まわせてもらうことに変わりはないため、そこで決められたルールは絶対に厳守することが大事です。住み込み先には全員が同じ建物の中で暮らし、トイレやお風呂を共同で使い、食事も食堂でとるといった寮タイプもあれば、会社が用意したワンルームマンションで家賃や食費の補助などを受けながら、ある程度生活に必要なお金を支払って、一人で住むタイプもあります。寮の場合は門限を筆頭に食事や入浴に時間が設けられているとあって、ルールを守らないと周囲に迷惑をかけるばかりか、自分自身も入浴できなかったり、食事にありつけなくなります。ただし、ルールを守ってマナー違反をしなければ、寮生活の方が生活に必要なお金が少なくて済み、より多くのお金を貯めたり、好きなことをしながら働ける点がメリットです。ワンルームマンションの場合は、通常のマンションで守るべきルールをわきまえて暮らすのがマナーとなるでしょう。

広告募集中